伝える・・・と いう事


ワンに「イケナイ」を伝えるのって簡単なようで
難しいのだ!
タイミング だったり
気持ちだったり。

先日 スクールに行った時のひとこま。

キャップの顔まで来る飛びつきを指摘された
これを治さにゃ次に進めない位、深刻、
家でもケージを開けた瞬間バッ~~~~と飛びついてくる。

「顔に来た瞬間、鼻にピン!!!」簡単に先生
もたもた どん臭いワタシ

翌日 先生から教えてもらった方法を取る、

留守番させていたキャップのケージを開け
飛びつきざまに
「イケナ~イ!!!!」(鼻 ピ~ン)
これも、かなり気合いを入れて・・・
そして、またケージに入れる、

再びケージを開けた時
お見事 別のキャップがいたのでした♪♪♪

先生との話しの中で
「喜んで 表現してるのに鼻ピンは抵抗がある」と言ったワタシに
カチンと来た先生は
「ちゃんとイケナイを伝えられないのにアジリティが出来るわけがない」と
コンコンと悟されて「そく決行」したわけ。

怒った後、飛びついて来なかったキャップを
家中走り回って一緒に喜んだ
キャップもひっくり返って喜んでた(*^_^*)

「イケナイ」を伝えるって大事な事なんだね。




e0190047_14462335.jpg

[PR]
by captain611 | 2010-06-05 14:49 | アジリティー
<< ジュリアママン 最近のキャプテン >>